これからの癌治療の展望

日本人の三人に一人が癌になる時代になりました。

まさに、風邪をひくのと同様に癌にかかってしまう時代です。
癌と聞くと、イコール死のイメージが大変強かったですが、現代医学の進歩により様々な治療が開発されてきました。
また、癌治療には強い副作用が付きものというイメージがありましたが、そこも解決する治療法が増えてきました。


日本人に多い癌といえば、胃がんや肺がんです。
胃がんは、ヘリコバクターピロリにより発症することが証明されています。

そのピロリ菌を駆除することにより胃がんのリスクを大きく軽減することができます。また、肺がんを初めとした様々ながん治療に対して有効であると考えられているもののひとつに、重粒子線治療があります。

日本国内で治療できる施設はまだ数が少なく、治療費用も保険適用できないため高額となってしまいますが、副作用もなくガンの部位に特化して治療できるため、回復、社会復帰も大変早くなります。また、先端医療適応の保険も増えてきているので、安心するために加入しておくのも手です。2012年を賑わせたトピックスのひとつにiPS細胞研究があります。iPS細胞を利用した臨床実験も盛んになってきています。

臨床応用できるようになれば、自分の細胞のクローンを利用できるため副作用が少ない臓器移植などが可能になるため、今よりも大幅に癌治療の選択肢が広がります。
そのiPS細胞研究を進めた一つの要因にヒトゲノムの解読完了があります。

その、ヒトゲノム完了により癌にかかる以前の対策をたてる遺伝子検査も盛んになってきています。私たち人間は、生まれ持ったDNAという設計図を持っています。


その遺伝子全てを調べることで将来どのような病気にかかりやすい因子を持っているかを予め予測することができます。
比較的安価で、遺伝子検査を行うことができるようになってきているので、将来の予防医学という観点でも、オススメすることができます。

http://getnews.jp/archives/434283
http://girlschannel.net/topics/269129/
http://okwave.jp/qa/q7296310.html

有楽町の歯科選びであなたの手助けをします。

オオサカ堂情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

オオサカ堂の評判を知りたいならこちらです。

三宮の歯科のお役立ち情報はこちらのサイトです。

鼻からの胃カメラに関するご質問を解決いたします。